【イケメン】高島崚輔の経歴がエグすぎ!両親の職業や教育方法も気になる

高島崚輔の経歴

兵庫県芦屋市の市長に最年少の26歳で当選した高島崚輔(たかしまりょうすけ)氏

ハイスペックで優秀すぎる経歴が話題になっています。

さらにその容姿も「イケメン」と囁かれる…

その凄すぎる経歴と、気になる両親について、また、実家がお金持ちという噂もあるので調べてみました!

この記事を読んでわかること
  • 高島崚輔氏の優秀、ハイスペックな経歴
  • 最年少市長を産み育てた両親はどんな人?
  • 高島崚輔氏の実家はお金持ち?

ぜひ最後まで読んでいってください!

目次

高島崚輔の経歴とプロフィールまとめ

高島崚輔氏はすごい学歴の持ち主!

無所属新人として、26歳2ヶ月という若さで市長に当選した高島崚輔氏の経歴を見てみると、優秀ハイスペックであるということがわかります。

簡単に経歴をまとめると

  • 小学校は公立小学校
  • 中高は名門の灘中学校・灘高校
  • 東京大学、ハーバード大学に進学
  • ハーバード大学卒業

これだけでもうすごそう…

くわしく見ていきましょう。

小中高(ノートの神様と呼ばれる)

豊川南小学校(大阪の公立小学校)卒業。

幼稚園の頃から英語を学んでいたこともあり、小学4年生で英検準2級に合格したそうです。

この時から秀才だったのでしょう…

灘中学校灘高等学校卒業。

全国にも名が知れた兵庫県の名門である学校、灘高の中でも成績優秀であり、生徒会長も務めたという。

学生時代は授業ノートが綺麗すぎて、同級生から取り合いにされた。「ノートの神様」と言われたというエピソードを持っています。

最難関で知られる神戸市の灘中・灘高を卒業、在学時は生徒会長を務めたほか、自身が授業などの際に記したノートを自らのSNSで“行列のできる”ノートとして紹介していて、当時は『ノートの神様』と呼ばれていたそうです。

カンテレ

実際に使っていたノートを披露、「数学のテストは7回連続で満点」というエピソードを語ったTikTokも投稿されています。

東京大学、ハーバード大学に進学

2015年東京大学、ハーバード大学に併願受験、どちらも合格

東京大学に4ヶ月通った後、アメリカのハーバード大学に進学しています。

ハーバード大学での専攻は環境工学。副専攻は環境科学・公共政策。

日本と世界の名門大学に合格するなんてすごすぎる!

ハーバード大学在学中〜卒業

左が高島崚輔氏

ハーバード大学在学中の2016年からNPO法人留学フェローシップ理事長に就任し、海外留学と進路開拓、県立高校国際教養科の新しいカリキュラムづくりを支援する活動をしていました。

2017年には外務省・経済産業省にてインターンシップをし、2022年にハーバード大学を卒業しています。

NPO法人留学フェローシップ理事長として、海外留学に関するYoutube動画に出演する高島崚輔氏。

ハーバード大学での生活や勉強について語っていますよ!

趣味

ラグビー

中学から大学までやっていたそうです。

高島崚輔氏はこんなすごい経歴を持ちながらスポーツもできるんですね!

兄弟

高島崚輔氏は3兄弟の長男。

次男は甲陽学院を卒業、カナダの名門大学ブリティッシュコロンビアに在学中。

三男は灘高校に在学中で生徒会長を務めているそうです。

高島崚輔氏のインスタに3兄弟で映っているものが投稿されています。

楽しそうに難しい問題を解いており、頭の良さだけでなく仲の良さも伝わってきます♪

そして、3人とも爽やかな好青年という感じで、「イケメン」と言われるのがわかります。

SNSを活用したアピール方法

TwitterやInstagram、TikTokを積極的に活用しています。

TikTokへの投稿はエンタメ性もあり、政治に関心が薄い人でも楽しめるような内容になっています。

再生回数が100万回を超えるなどして、話題にもなり、新たなアピール方法を確立していますね!

このように、全国最年少市長になった高島崚輔氏の経歴は「優秀」「ハイスペック」であると言えるのではないでしょうか。

高島崚輔の両親はどんな人?

両親は有名な人なの?

高島崚輔氏の両親の顔や職業は公表されていません。

政治家や、経営者など、表に出るような職業であれば特定される可能性があるのではないでしょうか。

ですので、高島崚輔氏の両親はそういった職業ではないと考えられます。

しかしこれほど優秀な彼をを産み育てた両親は、教育熱心であったと言えそうです。

両親はどのような教育を行なっていたのか、両親とのエピソードに関する情報を調査しました!

たくさんの読み聞かせをしてもらった

家には絵本がたくさんあり、その数なんと200冊以上とのこと。

小学3年生まで、1日50冊もの絵本を読み聞かせてもらったそうです。

また、ご両親が即興で作った絵本を読み聞かせてもらうということもあったとか。

両親が教育においてやっていたこと

高島崚輔氏は、親からしてもらって良かったこととして、以下の2つを挙げています。

  • 決断をするときに否定も肯定もされず、同じ立場で考えてくれたこと
  • 偏差値以外の物差しをたくさん持って、小さなチャレンジでもポジティブなフィードバックをしてもらったこと

また、これらのことを振り返って、高島崚輔氏は

「子どもが心からワクワクする気持ちを大切にし、学びのスイッチがどこで入るのかを見極めることが、子どもが後々伸びやすい環境づくりに繋がるのではないか。」

とも語っています。

たくさんの読み聞かせに時間を惜しまずに使う、子どもが自分でのびのびと成長できるように接する、教育熱心な両親なのではないでしょうか。

高島崚輔の実家はお金持ち?

高島崚輔氏の実家はお金持ちの可能性が高いと思われます。

両親の職業や実家に関しての情報は見つかりませんでしたが、現在分かる情報から判断すると、裕福な家庭である可能性が高いと言えるでしょう。

高島崚輔氏は箕面市の公立小学校(豊川南小学校)に通っていました。

箕面市は高級住宅街として知られている場所で、そこに住んでいたということから、裕福であったことが考えられます。

また、3兄弟の学歴から考えても同様のことが言えるのではないでしょうか

長男の崚輔氏は私立の灘中学校、灘高校、その後は東京大学とハーバード大学に進学しています。

ハーバード大学への進学は給付型奨学金と孫正義育英財団からの支援を受けたとされています。

しかし私立学校、2つの大学への進学には多大なお金がかかったはず

また、弟2人に関しても、私立高校や海外大学に在学中です。

3兄弟の教育にそれだけのお金をかけられるのは、生活に余裕がないと大変そう…

これらのことから、高島崚輔氏の実家はお金持ちである、と考えられるのではないでしょうか。

まとめ|高島崚輔の経歴について

高島崚輔氏が素晴らしい経歴を持っているということがお分かりいただけましたか?

そしてそのハイスペックすぎる経歴は、両親の教育による影響も大きいのではないでしょうか。

まとめ
  • 高島崚輔氏は名門灘高、東大進学、ハーバード大卒業とすごい経歴を持つ
  • 両親の職業は公表されていないが、教育熱心であったと考えられる
  • 実家はお金持ちであった可能性が高い

最年少市長として当選したばかりの高島崚輔氏。

そんな彼の今後の活躍から目が離せません!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次