2023|大谷翔平の年俸は日本円でいくら?スポンサー収入を含め80億超え

大谷翔平の年俸は日本円でいくら

今や世界のトップスターとして大注目、大活躍中のメジャーリーガー、大谷翔平さん

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表として日本を優勝に導いたことは記憶に新しいですよね。

様々な記録を打ち立てる野球選手としての活躍もとても気になりますが、それと同じくらい気になるのが…

お金

ですよね!

今回はそんなスーパースター・大谷翔平さんの気になるお金事情をご紹介します!

この記事を読んでわかること
  • 大谷翔平選手の年俸(2023年現在)
  • 大谷翔平選手の年俸内訳(スポンサー収入など)
  • 大谷翔平選手の年俸推移(日ハム時代~メジャーまで)
目次

大谷翔平の2023年の年俸

まず初めに、野球だけの収入(年俸)がどれくらいあるのかを見てみましょう。

エンゼルスと1年契約を結んだ大谷翔平さんの2023年の年俸は…

約3,000万ドル、日本円で約43億4,000万円(推定)

と言われ、年俸調停権を持った選手では史上最高年俸額となり、米経済誌「フォーブス」は

2023年にMLBで2番目に「稼ぐ選手」だと分析したそうです。

年俸調停権とは

  • 選手が球団と年俸の調停(球団の提示額に対し選手も希望額を提示する)を行う権利
  • メジャーでの出場登録が3年以上6年未満の選手が対象

メジャーリーガーは約1000人いるけど…その中でも年俸3000万ドルを超えている選手はなんとたったの15人!すごい!

つまり、本業の野球だけで1年約43億円を稼いでいるのです。

日本のサラリーマンの生涯年収約2.5億円と比較すると…なんだか悲しくなるのでやめておきますね…(笑)

大谷翔平の2023年のスポンサー収入はいくら?

野球だけでもものすごい収入があることがわかりました。

では野球以外のスポンサーからの収入はどれくらいあるのでしょうか?

大谷翔平さんは現在わかっているだけでも13社とスポンサー契約をしています。

  • ニューバランス
  • セイコーウオッチ
  • コーセー
  • 興和株式会社
  • 西川株式会社
  • 明治
  • 三菱UFJ銀行
  • ポルシェ
  • JAL
  • Oakley
  • ファナティクス(スポーツグッズ)
  • HUGOBOSS(アパレルブランド)
  • Salesforce(クラウドサービス)

それぞれの企業の契約金額は公表されていませんが、スポンサー収入と大谷翔平さんの年俸(約43億円)を合計すると、

その金額はなんと約85億円!

合計収入からスポンサー収入を割り出すと、約40億円超の収入がスポンサーから入るということがわかりますね!

この合計収入の約85億円はメジャーリーガーの中でトップなんだって!

そしてスポンサー契約の中には広告出演もあるのですが、その出演料にどうやら日米間で差があるみたいなんですよ!

大谷選手は計13社とパートナーシップ契約を結んでいますが、米国企業との契約の場合は、単なる広告契約だけではなく、商品開発に関与することもあるため、高額化するのです。

dmenu ニュース

WBC直後から、米国では約30社が新たに大谷選手と契約交渉し始めたと聞きました。契約金は最低でも10億円だそうです。

dmenu ニュース

合計収入からスポンサー収入を割り出すと、約40億円超の収入がスポンサーから入るということがわかりますね!

と語っており、もともと高かった大谷人気がWBCでの活躍によりさらに拍車がかかったことがよくわかります。

WBC決勝での激的な展開も大谷人気を加速させたんじゃないかな!

しかし、それほど収入を得ると“あの疑問”が出てきますよね。

そう、「税金、どれだけ引かれてるの!?」です。

いったい大谷翔平さんはどれほど税金を引かれているのでしょうか。

次で詳しく解説します!

どれだけ税金が引かれてしまうの?

年俸とスポンサー収入で約85億円もの大金を1年間で稼いでいる大谷翔平さん。

それにかかる税金相当なものではないのでしょうか。

結論からお話しすると、年俸だけおよそ半分約20億円もの金額が税金として引かれているそうです!

2021年の日本記者クラブで行われた会見で大谷翔平さんは、

ロサンゼルスは税率高いので、自分の稼いでいる半分よりちょっと多いぐらいは納めないといけない。

デイリースポーツ

と発言していました。

日本からの移住者が最も多いアメリカの中でもロサンゼルスがあるカリフォルニア州は、税金は全米でもとびきり高いと言われています。

アメリカでは、日本の国税にあたる連邦税が所得に対して一律37%で課税されます。これに加え、州ごとに異なる住民税が課税されることになります。

柳沼隆税理士事務所

日本の所得税は「最低5%」なのに…エグ!

この住民税にあたる州税の税率は、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州は最高の12.3%となっています。つまりロスに住んでいれば所得の49.3%が有無を言わさず持っていかれることになります。

柳沼隆税理士事務所

アメリカの税金制度も日本と同じように収入に応じて段階的に課税されるそうです。

収入が多ければその分税金の割合が高くなるということですね。

その点大谷翔平さんは、間違いなく最高税率の税金を払っているんですね!

そしてさらにスポンサー収入の約40億円もほぼ半分が税金として引かれるとするならば、

大谷翔平さんの手元には約40億円が残るということが予想できます。

じゅ、十分すぎる…というかもらいすぎて逆に不安になりそう…

高額税金もへっちゃら?あまり物欲のない大谷翔平さん

しかし大谷翔平さんはあまり物欲がないことでも知られています。

特に消費するということはあまりない方なので。今のところは(お金は)たまっていく一方かなと思っています

デイリースポーツ

と語っており、実際1か月に自由に使える金額は変わっていません。

日本にいる時代から2018年時点にわたって両親からお小遣いとして渡される10万円のみ。

それもほとんど使わずに貯蓄していたそうです。

プライベートジェットで凱旋!

そんな大谷翔平さんですが、全くお金を使わないかと言えばそうでもないらしく…

WBCのために日本に帰ってきたときにはなんと

プライベートジェット機をチャーター

したそうです!

アリゾナから羽田までの飛行時間は約10時間

その他の経費を入れるとなんと4,000万円は超える計算に!

JALとスポンサー契約をしている大谷翔平さんですが、今回JALの飛行機は使わず

「VISTA JET」という高級プライベートジェット航空会社の「ボンバルディア・グローバル7500型」

という飛行機をチャーターしたそうです。

テイラー・スウィフトやBTSなどの海外セレブ御用達の飛行機なんだって!

野球のためならお金は惜しまない

凱旋の前日にピッチャーとしてマウンドに上がっていたため、“体を休める”という目的でプライベートジェットをチャーターしたのではないかと言われています。

ブランド物や高級車にそれほど興味がなく、着ているブランド品や時計乗っている車もスポンサーからの提供品ばかり

ほとんど自分で買うことがない大谷翔平さん。

“体をできるだけ休めるためにチャーター移動する”という、普段は倹約家でありながらも野球のためのお金は惜しまない大谷翔平さんのプロ精神は見事ですね!

大谷翔平のメジャーリーグでの年俸推移(2018~2022)

2023年の年俸が約3000万ドルと言われている大谷翔平さん。

ここまでどのような金額で推移してきたのでしょうか?

まずはメジャーリーグでの2018~2022年の年俸の推移を見てみましょう!

西暦|満年齢年俸備考
2018年|24歳54万5000ドル (約6,100万円)  新人王獲得
2019年|25歳65万5000ドル (約7,860万円)
2020年|26歳70万 → 25万9000ドル (約7,300万→2,700万円)新型コロナの影響で試合数減、
(162試合→60試合)37%に減額
2021年|27歳300万ドル (約3億1,000万円)2021、2022年の2年総額850万ドルで合意
2022年|28歳550万ドル (約5億7,000万円) 
※1ドル110円換算、金額は推定

2021年に年俸調停権を得てからの年俸の上がり方がすごい…

2020年に新型コロナウイルスの影響で試合数が大きく減り、その結果年俸もダウンしてしまいますが、

それを除けば毎年順調にアップしているのがわかりますね。

次の日本プロ野球在籍時の年俸の推移と比較して説明します!

大谷翔平の日本プロ野球での年俸推移(2013~2017)

2013年にドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団した大谷翔平さん。

2017年まで同チームに在籍していました。

西暦|満年齢年俸備考
2013年|19歳1,500万円契約金1億円 + 出来高払い5,000万円
2014年|20歳3,000万円
2015年|21歳1億円新型コロナの影響で試合数減、
(162試合→60試合)37%に減額
2016年|22歳2億円2021、2022年の2年総額850万ドルで合意
2017年|23歳2億7,000円
※金額は推定

21歳で億プレイヤー…(遠い目)

以上のように、日本在籍最終年からメジャーリーグ移籍1年目で大きく年俸に差があることがわかりますね。

メジャーリーグへ挑戦する時はこのように大幅に下がってしまうものなのでしょうか?

ここでほかのメジャーリーグ移籍経験のある主な選手との1年目の年俸を見比べてみましょう。

選手名年俸(移籍1年目)移籍時年齢(西暦)
イチロー7億円27歳 |2000年
松坂大輔8億6,000万円26歳 |2006年
ダルビッシュ有5億5,000万円25歳 |2012年
田中将大22億円26歳 |2014年
菊池雄星 10億3,000万円28歳 |2019年
大谷翔平 6,000万円24歳 |2018年
※金額は推定

このように、大谷翔平さんの年俸が際立って低いことがわかりますね。

なぜこんなに低いのでしょうか?

実はメジャーリーグで2016年に新たに定められた『新労使協定』の影響で、

メジャー契約ではなくアマチュア選手としてマイナー契約をしたこと

が理由です。

『新労使協定』は日本球界とメジャーリーグで結ばれている協定のこと!

この協定の内容に「25歳未満の外国出身の選手はアマチュア選手としてみなされ、メジャー契約をしてはならない」

という項目があり、24歳で移籍した大谷翔平さんは移籍後アマチュア選手としてマイナー契約からスタートしました

1年目にメジャー契約に切り替えることは可能とされていますが、大型の契約は禁止されています。

その場合はメジャーリーグで規定されてい

最低保証年俸の54万5000ドル(約6,000万円)が保証されるので、大谷翔平さんの初年度の年俸は約6,000万円と低かった

ということです。

しかし大谷翔平さんに対する評価は当初から高く、2017年12月10日にマイナー契約をした後、2018年3月28日にはメジャー契約しています。

新協定により年俸は大幅に下がりましたが、大谷翔平さんのメジャー挑戦への覚悟の大きさが伝わってきますね!

2023年現在で大谷翔平の生涯年収は?

ここまで大谷翔平さんのいろいろな収入をご紹介してきましたが、

ここで一度2023年現在の大谷翔平さんの生涯年収を見てみましょう。

近年だけでも大きな金額が動いているのに、生涯年収となったらいったいどうなっちゃうの!?

今までご紹介してきた収入をざっくりと計算してみると…

99億6,160万円

でした!

2023年度だけではないスポンサー収入等を考えると、収入はもっと多いでしょう。

約半分が税金として引かれていると仮定しても、

大谷翔平さんの生涯年収50億円は超えているのではないかと思います!

今までの努力と活躍がもたらした数字と思えば、ちょっと少ないかな?とも思ってしまいますが。

サラリーマンの生涯年しゅ…いや、忘れましょうw

まとめ|大谷翔平の2023年の年俸について

いかがだったでしょうか。

今や世界を舞台に活躍を続ける大谷翔平さんのお金事情をご紹介してきましたが、

まとめ
  • 2023年の大谷翔平選手の年俸は約85億円
  • 2023年までの生涯収入は累計100億円

収入、税金のスケールの違い、そしてそのスケールとは程遠い大谷翔平さんの慎しまやかな内面が垣間見えて

ますます応援したい気持ちになったのではないでしょうか。

今後どんなにビッグになっても今の大谷翔平さんのままで、勇気と感動を世界に振りまく存在であってほしいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次