日高光啓(SKY-HI)の左耳が聞こえないのはいつから?完治の可能性はあるの?

日高光啓の耳は聞こえない

パフォーマンスグループで「AAA」に所属しながら、ソロでラッパー「SKY-HI」としても活躍する日高光啓(ひだかみつひろ)さん。

イケメンで作詞作曲なども出かける実力派!最近ではデビュー番組でプロデュースなどもしている本格的アーティストです!

多才な彼ですが、過去のインタビューで左耳が聞こえないことを公開しています。

日高さんはいつから耳が聞こえないのか?どれくらい聞こえないのか?など皆さんも気になっていることを調査してみました!

さらに、「死にたい」と思っていた過去についても少し触れていきたいと思います。

この記事でわかること
  • 日高光啓さんの耳はいつから聞こえないのか?
  • 難聴の原因は未熟児で産まれたことが原因なのか?
  • サッカー選手の夢を諦めた理由
  • 音楽の道へ進んだ理由とその後
  • 日高光啓さんは心臓にも障害があるのか?
目次

日高光啓はいつから左耳が聞こえない?

日高光啓さんはそもそもいつから左耳が聞こえないのか?についてですが

生まれつき先天性の難病があり、左耳にフィルターがかかっている感じ

と、ご本人はおっしゃっていました。

まったく聞こえない訳ではなく、こもった感じで聞こえづらい感じみたいですね。

なので、親しい人には右側から話しかけてもらっているそうです!

聞こえにくいことに気づいたのは小学校の頃。

学校の聴力テストで引っかかってしまった時でした。

低学年まではカンで乗り切っていたそうですが、高学年で引っ掛かり精密検査を受けたところ…

内耳は綺麗だし、外的要因も見つからないため先天性難聴と判明。

日高さん自身はみんなどっちかの耳がよく聞こえているものだと思っていたそうです。

生まれつきだとわからないですよね…

そして先天性のため完治はしないとのこと。

では、そもそもなぜ先天性の難聴になってしまったのか。その原因は未熟児で生まれたことが関係ありそうでした。

難病になったのは未熟児で生まれたのが理由か?

日高さんは生まれた時に、手のひらくらいの大きさしかない未熟児でした。

未熟児とは…?

本来の意味は「からだの機能が未熟な(成熟していない)状態で生まれた赤ちゃん」のことですが、かつて早産児(在胎37週未満)あるいは小さく生まれた(出生体重2500g未満)赤ちゃんのことを「未熟児」と呼んでいた時期がありました。しかしながら、児の状態を医学的に正確に表していないことから、現在は出生体重とママのお腹の中にいた期間(在胎期間)によって分類されるようになりました。

smallbaby

現在では、

出生体重が2500g以下を「低出生体重児」、1500g未満を「極低出生体重児」、1000g以下を「超低出生体重児」

と呼び、

37週未満に生まれた子を早産児

と呼ばれますよ!

日高さんは手のひらの大きさということから超低出生体重児で早産児だった可能性が高そうです。

やはり後遺症から難聴が残ってしまったのでしょうか。

未熟児の約20%が軽い後遺症や発達障害を合併すると言われています

難聴はあれど、元気に成長して大活躍するスターになっているなんて本当にすごいですね!

でもそんな日高さんは、子供の頃サッカー選手になりたいという夢がありました。

音楽の道に進む前はサッカー選手が夢だった

日高さんは幼少期、三浦知良さんに憧れてサッカー選手を目指していたことがあるそうです!

「うーん……たぶんギリギリ?(笑)。文化系とかには行きたがらない環境だったのかな。親父もどっちかっていうと体育会系だったし。俺の部屋はキングカズのポスターだらけでしたよ。めっちゃくちゃ好きだったんですよ、もう憑りつかれたように。サッカープレイヤーになりたかったし、なると思ってましたね。根拠はないんですけど」

MUSICA

しかし、上記の左耳の件や身長があまり高くないことからサッカー選手の夢を断念したと言います。

日高さんは173cmとプロフィールにあるのでサッカー選手としては少し小柄かもしれませんね。

さらに中学時代にコーチの声が全然聞き取れなかったことで、サッカーがやりづらくなってしまったそうです。

音楽の道に進んだのはなぜ?死にたいって思ったって本当?

ではなぜ、音楽の道に進もうと思ったのか?

サッカー選手の夢を諦めたと、次に興味があったのが音楽の世界だったそうです!

幼少期からピアノを習っていて小学校高学年まで続けていた日高さん。

音楽を聴くのも好きだったので必然的に音楽の道を進もうとしてもやはり左耳がネックで諦めようと思ったとのこと。

しかし、そんな時に父親から

「その左耳のおかげで、人と違う音楽の聞こえ方ができてよかったな」

と、言われ、それがとても嬉しくてこのままでいいんだ!と思えたと言います。

彼がそこから世界的に有名なアーティストになっていることからお父様の一言で救われた部分が大きいんだと思います!

しかし、やはり順風満帆とはいかず「死にたい」と思ったこともあると言います。

曲作りの大きな壁にぶつかったり、自分の力不足を実感したり、裏切られたり…。

しばらく曲も作れなくなってしまったと言います。

しかし、そんな状態でも曲を作ることはやめずにストイックに曲を作り続けていきスランプを抜け出したそうです!

音楽をやめないで音楽を作り続ける!尊敬します!

日高光啓は心臓にも障害があるって噂は本当?

実は日高さんは先天性難聴だけではなく、心臓にも障害があるといいます。

耳だけでなく心臓まで…大変ですね

しかし、障害の程度などの詳しい情報はなく「AAA」でも激しいダンスを踊っていることから軽度のものだと思われます。

日高さんの心臓に障害があるという情報の出どころもわかっていないので確証はないですね。

産まれたときの状態から軽度の障害があってもおかしくないですが、こちらは根拠がないため…

ただの噂

ということで良さそうです。

まとめ|日高光啓の耳が聞こえない件について

今回はSKY-HIこと、日高光啓さんの難聴や音楽へ進んだ理由などをご紹介させていただきました!

大変な出生経験を持ちながら、持って生まれた才能とストイックな性格で

世界的に有名な大スターまで登り詰めた努力の人

といっても過言ではないと思います!

まとめ
  • 日高光啓さんの耳は生まれつき先天性の難聴で完治しない
  • 耳が聞こえにくいと実感したのは小学校のとき
  • 音楽の道に進む前はサッカー選手になろうと考えていた
  • 死にたいと思うこともあるけど強く前に進んでいる
  • 日高光啓さんは心臓にも障害があるというのは噂レベル

これからもどんどんと新しいことに挑戦していきたいと言う日高さん。

今後の活動からも目が離せません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次